BLOG

2019年1月19日 福田保先生 合気道70周年記念の祝賀会

我らが福田先生が、植芝盛平開祖のもとで合気道を始めてから去年で70周年を迎えて、おりました。( ^ω^ )


実は、昨年中に合気道70周年祝賀会を予定しておりましたが、福田先生の手術などがあって祝賀会を開くタイミングが合わなかったので、新年を迎えたところでとなりました。

福田先生は1948年(昭23)16歳で茨城道場に入門しました。

同じ国鉄勤務の先輩であった斉藤守三(守弘先生)さんの勧めでした。

 「すごい先生が岩間にいらっしゃる、保っちゃんも合気道やっぺよ」と。

とても偉い先生と言われてたので、失礼があってはいけないと始めから袴をつけて道場に行ったそうです。

当時は合気道とは一体どんなものなのか全くわからなかったそうです。

福田保先生(左)と斉藤守弘先生(右)


日曜日は午前中に稽古をし、それ以外は毎日朝晩稽古しました。

国鉄が非番の時は、朝稽古の後に大先生の農作業のお手伝いをしたそうです。

20歳で結婚し、翌年長男である武産浦帆道場道場代表の重美さんが誕生しました。

その頃2年ほどは稽古は休みがちになりましたが、それ以外は稽古にほぼ毎日通いました。

1964年に開祖から五段を充可されます。

1969年 植芝開祖が逝去

1978年に植芝吉祥丸道主から六段を允可。

この頃から福田先生は、斉藤守弘先生が指導されていたいくつかの道場で代わりに行ってくれと頼まれるようになります。

 陸上自衛隊武器学校、茨城大学、谷田部支部(学園合気道クラブ)、西友のコミュニティカレッジなど、で指導者としての合気道が始まります。


福田先生

「稽古をしている人は個人個人違う。

 考え方も、体格も、稽古日数も。

 ”この技はどう説明すればいいのかな”

 ”この技はこうしなくちゃいけないんだな”

 と改めて合気道をの技を勉強しましたよ。」


 1980年頃、阿見の川村医院の院長の川村先生から頼まれて阿見支部(曙合気道クラブ)を発足。

 1982年 51歳で国鉄を退職し、合気道の指導に専念します。

1985年 (昭60)衆議院議院の狩野明夫さんに頼まれ「土浦支部 狩野道場(かすみがうら合気会)」を立ち上げます。

今年の3月13日に福田先生は88歳(米寿)になります。そして来年はかすみがうら合気会の35周年記念です。福田先生はまだまだお元気、私たちをさらに高みへと先導して行ってくれます。

「土浦市神立 割烹 喜作にて かすみがうら合気会」


2019年1月20日 「茨城支部道場鏡開き」

平成31年最初の合気神社月例祭で、植芝守央道主は神社拝殿しました。

山口伸樹笠間市長、常井洋治茨城県県議会議員、も出席されてました。

宴会の席中盤に各道場紹介があるのですが、「かすみがうら合気会」の桑原六段の紹介挨拶の後に、福田先生が一言挨拶しました。若き頃の茨城道場での思い出話でした。

福田先生は今年で88歳になるというと、大きなどよめきが起こりました。

帰るときに

「福田先生はとても88歳には見えないです!先生のお話に感銘を受けました!」

と福田先生に声をかけてくれる方がいて、私は弟子としてそばにいて感慨無量でした。

石臼で餅つき

植芝 守央道主(中央)と植芝 充央道場長(前列左)と福田先生(前列右)と私とムサビィさん

2019年1月13日公益財団法人合気会平成31年鏡開き 推薦昇段

この度、武産浦帆道場代表の福田重美四段が五段に、武産浦帆道場つくば支部長中郡哲哉五段が六段に昇段しました。



2019年1月9日(水)武産浦帆道場道場の稽古初めでした。

(かすみがうら合気会は8日からでした)

福田重美代表からの新年の挨拶から稽古開始です。


『あけましておめでとうございます。

去年の四月から始まりまして、まだ一年は経ちませんが年を越しました。

皆様のご協力によりまして、無事ここまで来ました。

道場の雰囲気も良くて、皆さん稽古も休まずに来ていただいてるので、

特に白帯の方々がとても進歩しました。

始めた頃からと比べて、「おぉ!強くなったな!」という感じがいたします。

今年もさらに上を目指して頑張ってください。

楽しくやることが一番です。

よろしくお願いします。』


初心に戻って謙虚な姿勢を忘れずに、基本の稽古を頑張ります!

稽古内容

体術

体の変更

諸手取り呼吸法

正面打ち一教表裏

正面打ち二教表裏

正面打ち入り身投げ

武器

剣素振り 7本

気結びの太刀

31の杖(素振り)

組杖 1


ムサビィさんが年末年始に故郷のイランへ帰った時に、福田先生が岩間時代に撮影した大先生の写真を持っていき、大きく引き伸ばしてピクチャーボードにしてきてくれました。

ネガが見つからなかったので、昔の名刺サイズの小さな写真を、A2サイズまで拡大してくれました。大迫力です。

A4サイズの物も作ってきてくれたので、私もいただきました。

(左がA2サイズで、右がA4サイズ)

ありがとうムサビィさん。(≧▽≦) 感動!

早速、額装して、我が家の合氣道コーナーに飾りました。

私にとって2018年は忘れられない年になりました。
土浦つくば合気会として土浦市武道館で新年の稽古をスタートした2018年でしたが、福田師範は、28年間指導してきました土浦つくば合気会を、諸事情により退くことになったので、4月2日に武産浦帆道場として、同じく土浦市にある「土浦市立第二中学校」の武道館にて再スタートをきりました。
稽古日は、これまでの土浦つくば合気会と同じく、「月曜日と水曜日の午後7:00~午後9:00」に。
私は福田先生の名誉に関わるので綺麗に言ってますが、退いたとは言うものの事実上の解雇でした。
普通の会社でも能力不足、成績不良によって人を解雇するのは難しいものです。
人は電気製品じゃないんです。
著しく成績が不良であったり、改善の機会を与えてもダメだったり、改善の見込みがほとんどない、と判断されなければ、裁判所だって解雇の正当性を認めないと思うんですがね。
福田先生は87歳ですが、能力はもちろん最高級、私は先生を10年間見て来ましたが、一度病気で入院し、二ヶ月ほど稽古は休みましたが、それ以外は38度以上の熱があっても稽古を休まなかった人です。人間性は素晴らしく、指導者として誰より慕われてます。
私を含め土浦つくば合気会の弟子多数の心は、合気道が習えればどこでもいいというんじゃなく、福田先生に習いたいんです。
とにかく、福田先生と一緒にいたいということでした。
 
土浦つくば合気会解散は急なことだったので、新たな道場探しは難航し、不安な日々でした。
また福田先生と稽古したいという我々稽古生の思いを叶えるため、福田先生の令息の重美さん、よしゆきさんのご兄弟が奔走してくれました。
おかげさまで土浦市立第二中学校の武道館という最高の場所で稽古できることになりました。
 
福田先生は土浦つくば合気会からの解雇をきっかけに、合気道指導を辞め、合気道人生を閉じるおつもりでもいました。でも思いとどまってくれて、我々のために87歳にして新たなスタートをきってくれました。
「武産浦帆道場」は福田先生をはじめ、先生を慕うもの達にとって、これ以上ない素晴らしい道場になりました。
皆、前向きで明るく、今年の正月の青空快晴の空のようにとても清々しいです。
 
 今年もまた、心を新たにし、初心にもどり、基本を大事にした稽古に取り組んでいきます。
「技は厳しく、投げは優しく」、「明るく、楽しく、怪我なく」が福田先生のモットーです。
武産浦帆道場の皆様、今年もよろしくお願いいたします。  
 
武産浦帆道場 & かすみがうら合気会  小島 宏

11月19日(月)に武器技の審査会と21日(水)に体術の審査会が行われました。

審査を受けた方みんな、基礎を守ってコツコツ地道に稽古してきたものが、ちゃんと発揮されていました。武産浦帆道場発足から8ヶ月になりますが、少しずつ積み上がってきて成果がハッキリと表れてきました。

皆さん稽古出席率が高く、地道に努力を積んでいることが技に現れていると思います。

武道は強い弱い、上手い下手ではありません。長く続けることが一番大切だと思います。

今後、技の精度を上げていくためには、基本の型をゆっくりと大きく、繰り返し稽古していきましょう。

12月3日に免状の授与も行われました。

2018.10.29

体術

体の変更

諸手取り呼吸法

正面打ち一教 表裏

正面打ち四教 表裏

正面打ち入身投げ

後両手取り呼吸投げ

武器技

短刀取り

座り技 呼吸法

2018.10.31

体術

体の変更

諸手取り呼吸法

肩取り一教 表裏

横面打ち四方投げ

片手取り四方投げ

後両手取り一教

後両手取り十字投げ

武器技

太刀取り 二種

座り技 呼吸法

2018.11.5

体術

体の変更

諸手取り呼吸法

正面打ち一教 表裏

正面打ち二教 表裏

正面打ち入身投げ

突き小手返し

片手取り腰投げ

武器技

杖取り

座り技 呼吸法

2018.11.5

体術

体の変更

諸手取り呼吸法

武器技

短刀取り

太刀取り

杖取り

座り技 呼吸法

2018.11.7

体術

体の変更

諸手取り呼吸法

短刀取り

太刀取り

杖取り

座り技 呼吸法

4日連続で武器取りの稽古をしました。

武産浦帆道場の前身の土浦つくば合気会時代には、白帯の稽古生たちは武器の稽古をほとんどしてこなかったのですが、武産浦帆道場発足から半年ほど毎時間に剣杖の素振り稽古をしてきましたので、準備が整ってきたと思ったので先生に伺ってみたら

「そろそろ(武器取りを)やってみてもいいんじゃねえか。教えてやるよ。」

と福田先生の許しがでました。


許しがでたというのは大げさな言い方で、福田先生はいつだって、弟子が教えて欲しいと頼めば武器取りから高度な体術まで惜しみなく教えてくれるのですが、でも本当には

「素振りもろくにできないもんに、武器取りなんちゃ教えられねえだけどな。」

と言ってます。というのは

「剣の素振りを一所懸命やってる人の剣などをそう簡単に取れるもんじゃないですよ。

バカにしちゃダメです。

武器取りの演武なんかを気軽にやってみせるから「ふざけるんじゃねえよ」「できるわけねえだろ」って他から(他武道から)合気道はバカにされるところがあるんですよ。

剣というものを勉強して理解したいと思って、ちゃんと素振りをして練習してる人には(武器取りを)教えても理解が違いますよ。

そんな基本的なことをせずに、武器取りだの組太刀だのをすぐにやりたがる人がいると参っちゃうんだよ」

と福田先生は説明してくれてます。

「剣とか杖が、自分の腕と同じになるようにならなくちゃいけない。

剣も杖も手の延長なんですよ。

力任せに剣をブンブン振ってるようじゃダメだな。

毎日100回、1000回振ってると自慢することよりも

“どう振ってるのか” の方が大事なんですよ。

スタミナの稽古をするんなら、別のことをした方がいいです。

毎日欠かさず、正しい形を意識しながら、考えて、腰を使った素振りをするんです。

たくさん振ると嫌になつちゃうから、少ない数でも毎日する方がいいんです。

100回乱暴に降るより、丁寧に考えながら20本くらい振る方が効果ありますよ。

そうやって、剣が手の延長になったくらいに思えるようになるまで稽古するんです」


私はその話を福田先生から伺ってからは1日も欠かさず剣を振ってます。

自分の方法が福田先生のいう正しい方法かどうかは未熟な自分にはまだわからないですが、普段の体術の稽古の時、剣や杖の使い方を意識しながらだと、身体のコントロールがスムーズにできるようになってきてるので、大きくは間違えてはないと思っています。


今回、武器取りを始めて稽古する方々もいるんですが、皆なかなかいい感じです。

半年、素振りや剣の合わせの稽古を地道にやってきたからです。

やはり基本の稽古は大事です。

今後も、時折武器技の稽古を入れていきたいと思います。


茨城県合気道連盟 第37回合気道演武大会

会場:岩間武道館 2018.10.21(日) 10:00~1:00

今年も演武大会に参加してきました。

私は茨城県合気道連盟所属の「かすみがうら合気会」として参加します。

残念ながら現時点では連盟に加入していない当道場「武産浦帆道場」は参加できません。

連盟に加入していないようなのに出場している人 (・・?)

もいるようなので連盟の演武大会の参加基準もよくわからないですなぁ。

大会前日の会場準備にも行ってきました。

前日に演武会場に入り歩き回って作業すると、本番当日の緊張感が薄らいでリラックスできるので私はいつも手伝いに来ています。


第一部 指導者演武

1

一教~五教 ひたちなか合気会

立ち技 : 五十嵐 雅高 七段 - 阪本 善彦 四段

座リ技 : 住谷 幸夫 六段 - 深谷 和久 五段

2

半身半立 守谷合気道クラブ

曽我 真 五段 - 半田 一郎 初段

3

小手返し 水戸合気会

飯島 道高 四段 - 飯島 武洋 弐段

森下 敏和 四段 - 榎本 丈樹 初段

4

四方投げ 笠間市体育協会合気道部

辻村 伸吾 参段 - 片岡 博司 初段

5

入り身投げ 江戸崎合気会

新島 衛 六段 - 萩原 明彦 四段、浅野 英明 弐段、飛知 和朋也 参段、飯岡 誠 1級

6

腰投げ 常総合気会

川上 春雄 六段 - 平野 三郎 参段、守能 和裕 弐段、井上 -男 初段

7

呼吸投げ つくば合気会

鈴木雄大 六段 - 田村 修一 参段、宮内 尚之 弐段、林 宏和 初段

8

多人数掛け 取手合気会

櫻田 広司五段 - 瀬尾 隆 四段、羽川 幸一 参段、坂東 和彦 弐段、梅津 裕一郎 弐段

9

短刀取り 土浦つくば合気会

坂谷 康弘 四段 - 三浦めぐみ 四段

10

太刀取り 一心館道場合気道部

松本 重雄 五段 - 大内 賢一 参段

11

杖取り 曙合気道クラブ

川尻 勝敏 弐段 - 尾口 寿章 弐段

12

杖投げ 合氣道渡良瀬道場

小倉 義典 六段 - 植田 泰允 弐段

13

13の杖、31の杖型 涸沼合気道クラブ

生井 孝志 五段

14

組太刀 石岡道場

大和田 幸正 六段 - 前島 光男 参段

15

組杖 合氣道つくば修練会

Mitch Troop 四段 - 早乙女 金司 弐段

16

剣対杖 かすみがうら合気会

桑原 隆六段 - 竹内 健 五段、石川 正幸 四段

第二部 団体演武

1 岩間合気道スポーツ少年団

2 石岡道場

3 一心館道場合気道部

4 水戸市合気道スポーツ少年団

5 涸沼合気道クラブ

6 かすみがうら合気会

7 曙合気道ク

8 合氣道つくば修練会

9 合氣道渡良瀬道場

10ひたちなか合気会

11取手合気会

12守谷合気道クラブ

13つくば合気道会

14水戸合気会

15土浦つくば合気会

16笠間市体育協会合気道部

17江戸崎合気会

常総合気会

18 笠間市立岩間中学校

19 茨城県立友部高等学校

20 公益財団法人合気会 茨城支部道場


動画:かすみがうら合気会

・体の変更

・諸手取り呼吸法

・横面打ち一教 表裏

・横面打ち三教 表裏

・諸手取り入身投げ

・片手取り腰投げ

・剣素振り 1と2

・三十一の杖 1〜12

・座技呼吸法

三十一の杖を1〜12までと、区切って練習するようにしてますが、皆さんいい形になっています。

特に、川島さんの打つときや突くときのビシッというとこがメリハリがあっていいです。

YouTubeの動画などで、三十一の杖をテンポよく振ってみせる姿をアップしてる人たちが多くいますが、素晴らしい人とそうでない人の差が大きいです。

私が思うに、上手い人とそうでない人の差は、基本の練習のとき、一手、一手をしっかりとやってきたかどうかだと思います。

三十一の杖の組杖と素振りでは多少動きが違うところもありますが、足捌きもちゃんと意識して素振りをやってる人は、すぐに二人で行う組杖も楽にできます。

丁寧な練習を一年やれば、すばやい号令でやっても綺麗な三十一の杖を振ることが必ずできます。


「かすみがうら少林寺憲法大会」に参加してきました。

招待していただき若き少林寺拳法修行者の皆様の前で合気道の演武をさせてもらうのは、ここ数年恒例になりましたが毎度緊張いたします。

合気道演武の参加者は、

「武産浦帆道場」からはムサビィ参段、梅原弐段、齋藤弐段、私(小島参段)、

「かすみがうら合気会」から、サイド・シリ参段、桑原隆六段。

齋藤弐段は体術。座り技から立ち技、基本から気の流れ。演武時間は1分と短いながら合気道の体術の魅力の詰まった見事な構成力です。

私は武器取りで、太刀取り、杖取り、短刀取りをやりました。

サイド参段&梅原弐段ペアは組杖の10本の型。今月の「茨城県合気道連盟演武大会」に向けて稽古しているもので、完成度もどんどん上がっていってます。二人との身長が180cmあるので迫力の演武になります。

桑原六段&ムサビィ参段は基本体術と剣の合わせ、剣対杖です。

演武中、私はスリップ転倒してしまいました。

演武であんなコントみたいに綺麗に尻餅をついてひっくり返ったのは初めてです。

普段の稽古でも転んだことないですから、呆気にとられ笑っちゃいました。

滑りやすい床だったからなんて言い訳にできません。

素早く起き上がり、体勢を整えるのができたのは良かったですが。

カッコ悪くて恥ずかしいんですが、いい経験でした。

今後の稽古の課題になりました。

足元のコンディションが良かろうが悪かろうが、その場所で有効な能力が発揮ができなくてはなりません。

福田師範曰く・・受け身について

「畳の上じゃなくちゃできないなんてのじゃ、本当の生きた技じゃないでしょ。

草むらだろうが、砂利道だろうが、そこで最善のやり方で動くんです。

「私はやりづらいから場所変えましょう」って、これから向かってくる人に言えないもんな」

「大先生がお客さんなんかに、技を見せるってなったらこっちはその場で受けを取らなくちゃならない。

地面がコンクリートだろうが関係ないよ。

だから俺は受け身は丸く転がれとしか言わねえだろ。

大先生は「丸く転がりなさい」としか言わなかったよ。

クッションの効いた道場でしかできないような

“ドッシーン!バターン!”

なんて受け身ばっかり練習してちゃダメですよ。

そんなのアスファルトの上でやったら怪我しちゃうよ。」


先月末から、福田師範は二週間ほどの休みに入ってました。

10月26日に、顔にできた腫瘍(良性)を切り取る手術をしたので、術後の感染症などを恐れがあるので大事をとって指導で道場に立つのは控えてもらいました。

福田先生が手術が終わって帰宅された頃の時間に、先生宅に様子を伺いに行きましたら、心配してたこちらが拍子抜けするくらい元気でいらっしゃいまして、

「こんなの大したことないんだ」

当ててあるガーゼを取ってしまおうとするので慌てました。

先生がいない間の数回の稽古は中郡5段や、福田重美四段が師範代理に立ちました。

重美さんは

「いやあ、しんどいわ。

一人一人全員の手を取るってのはけっこう疲れるわ。

皆ちょっとづつ違うからね。

親父の凄さが改めてわかったね。

こんなこと毎日のようにやってれば強くもなるよ。

どおりで、あの歳であんなに強いわけだよ。」

と稽古後、息を切らしながら笑いました。

ムサビィさんのお友達のお店「アリーズケバブ」で武産浦帆道場のメンバーで先生の復帰を祝い食事会をしました。

先生は好き嫌いなく、初めてのものでもなんでも食べます。

それも健康の秘訣ですね。